バレンタインデー その1


人気ブログランキングへ

 日本ではバレンタインデーと言えば、会社でお金を集めて,同僚や上司にチョコを送ったものでした。
いわゆる義理チョコ・・日本にいたころ、誰かや、マイケルにチョコとか上げたか覚えていない・・

 北米では、ほとんど 男性から女性に 花束とかお菓子とかディナーとか、そういうプレゼントをあげるのが一般的で・・・

 この前の家事分担のあたりからの わたしの 怒りが ちょろちょろ…漏れていたらしく

 家に帰ったら、3か所にわけて、包装紙に包まれたプレゼントが、あちこちに置いてあった。 資生堂の化粧品の包みが二個 と チョコの包みが一個

 資生堂の化粧品 というあたりに 手が伸びるってのがそもそも、全然 マイケルっぽくなく
いったいどうしたんだろう?? 誰かに助けを求めたのかしら・・?
と 驚き、彼の企んだサプライズは、まず成功。
e0203961_11413953.jpg
で・・・『早く、チョコの箱開けて』というマイケル
    
    『なんでよ?』
    
    『食べたいからだよ』
 
e0203961_11412684.jpg
さらに、日本のバレンタインのシステムを知っているマイケルが、私の手にしていたビニールを見て
『僕の?!』 と聞いたので
『・・・・いや、たまたま、ちょっとタイタスの・・』と答えると
『タイタスにはバレンタインがあるのに?!僕のは?!!』というので
仕方なく『ホワイトデーにお返しするから・・・と、なだめて日本と逆のギフト交換することに
なんだ―今回は本当に驚いた、マイケルのバレンタインギフトでした。

そして、夕飯にはかねてから、マイケルに言っていたDimSum(飲茶)へ行きました。
こちらは、また明日

[PR]
by monyo90 | 2018-02-14 11:46 | カナダ人、旦那 マイケル | Comments(0)