椎名恵の Love is ALLの原曲で思ったこと


人気ブログランキングへ

原曲知って衝撃だった again

 若い頃にとても好きで、カラオケなんかでも良く歌い、しかも Wedding songs としてアルバムでも売り出されていた歌に 椎名 恵 『Love is All~愛を聴かせて』 ってのがありました。

 時代は1986年、カバー曲だとは知っていたけど、コンピューターでちゃちゃっとオリジナルの検索なんて出来ん!まして、歌詞を全部読むことなんで出来なかったからそのまま日本語歌詞をうけとっちゃって、結婚式のお祝いに歌ったりBGMに流した人も多かったはず。

 少し前にYoutubeで、そうだった・・これの原曲を見てみようと思ってLyrics(歌詞)を読んでいったら、
まあ・・なんていう衝撃でしょう。
  原曲は シャーリーンの『I've never been to me』タイトルからして、もうネガティブ。
 全体の歌は Love is Allとは全く反対なのね~!!

 ねえ、そこのお嬢さん、ねえ、あなた 人生を呪っている 不満で一杯の母で、がんじがらめの奥さん。
 あなたが今までした事がないような事を夢見ているのがわかるわ。 でも、私がそう思っていた頃、
 私にもこうして誰かが、話しかけてくれていたのならって思うの。
      ・
      ・  
 ジョージアにもカリフォルニアにもいけるなら何処へでも逃げたわ
親しい人たちや愛し合った人のいる場所から逃げだしたわ。だって自由でいなければならなかったから。
 私は楽園にいた、でも、いつも本当の私ではなかった。。
 
 お嬢さん、どうか、お嬢さん、歩き去らないで。
 わたしはあなたに話さなければいけないの、どうして、今日、たった独りぼっちなのか・・
   (省略しますけど)
 楽園て なんだか知ってる?それは嘘。あなたがこうあってほしいと作り出す幻想。
 本当の愛は、あなたの手の中にいる赤ちゃん、あなたが 今朝 喧嘩をした旦那・・・ 
 今夜、愛し合うのと同じ人、それが真実、それが愛

 時々、生まれてこなかった赤ちゃんがいたなら、私は完璧だったのかも と泣いたりする
でも、私は甘い生活の方をとってしまった。こんなに苦しく変わるなんて
ずるがしこく遊びまわった代償は大きかったの
 
 だから今、嘘を重ねて私は一人ぼっちなの。どうか私のようにならないで、
本当の愛に気がついてほしい 

という感じの歌 切ない歌なのですね・・英語で聞くたび泣けてくる

 でも、歳を重ねた今だから、毎日、同じ場所にいる同じ顔、変わらない生活がどれほど幸せなのか
 わかります。いつか、必ず終わりが来るだろう、この変わらない日常に、感謝をして大事に過ごして行こうと
 改めて思います。

 ・・・・が、『小さなラッキーが欲しい貪欲な気持ち』もなくならない(* ̄∇ ̄*) あたしゃ、いつだって、何処にいたってあたしだわ。
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by monyo90 | 2015-11-09 08:52 | 英語事情 | Comments(0)