2017年 08月 14日 ( 1 )


人気ブログランキングへ

  忖度という漢字が間違ってましたね。直しました。
  ネットできちんと調べてから、書いてるつもりなんですけど、変換行き過ぎちゃってたのかな。

  そもそも、この 相手の気持を推し量る というか、思いやるとかそういう気持
  これは日本人の方が、より強くというか、より深く 持っている感覚だ、個人的には思いました。
  思いやりや気遣い、たしかにそういうことはとても大事だと思うし、そういう場面もこちらで多々ありますけど

  こちらでは、 NOと言ったらNOなのです。Yesと言ったら、それは本当にYESなのです。
  
  だから、遠慮しているのではないのか?
  悪いと思ってこうしたのではないか?  
  そういう気遣いはほとんど無用なんですね。
  こっちが疲れるだけ

  そういう場面も確かにあるけど、日本人よりも遥かに、こちらでは まず『自分』、先ず、まんず自分

  自分の次が 『他人』

  昨日、前の家で結婚式か何かのお祝いがあったようで、親戚一同が、ガレージに集まって、生演奏をはじめたんです。
  物凄い音量と太鼓の音で、昼寝をしていた私とマイケルは飛び起きてしまって。
  道理で、お腹に響くはずだ・・生楽器だもんな・・と。  
  
 この数日間、ものすごい車が、近所の家の前、私の家の前、ずっと停まっていて正直うっとうしかったんです。
 この車のおかげで、家のリサイクルが回収されずにいたりして、イライラしてたとこ、『ああ、そういうことだったのか』と思いましたが。

 私が 『こういうのって事前にちょっと近所に(せめて両隣や前の家に)一言 あったりしないの?』と言うと
 
    『そんなの言う人なんてきっと誰もいないよ、言ってどうするの?』

    『Noticeというかさ、音楽鳴らすけどうるさいかもしれませんとか、 車がしばらく停まりますとか』

    『で、嫌、困りますよ、嫌ですよ、やめてくださいって言われたら?やめんの?』

    『やめない、やめられないからせめて断っておくんじゃない。
    迷惑かなーと、相手のこと考えたらせめて事前に、言っておかない?』
 
    『そもそも、迷惑かなぁーなんて考えてたら、これやってないでしょ』

  マイケルの実家ではよくある光景ですけど、食事をするのに誰よりも先に席に着いた人が、準備をして忙しくしている
  お義母さんに、『お母さん、塩コショウ とって』とか言うんですが、
  私はここで 『自分は、しっかり座って、後は食べるだけの癖に、塩コショウくらい自分で取れよ』と思ってしまうのですが
  『自分はもう座ってしまったんだから、立ってる人がとれば良いじゃん』というわけです。
   お母さん 74歳、あんた52歳、タダご飯食べにここに来てるだけ。立ったのは、食事ができたよ、といわれた時
   ソファーからダイニングの椅子へ移ったときだけじゃん。

  お母さんは、ずっと立ちっぱなしだから塩コショウくらいもう一度、席を立って自分でとろう とは思わないのかなあ
 
  こんなとこが、考えすぎなんでしょうかね。 忖度とはちょっと違うかもしれませんけど、
  そこらへんの加減というか、こういう時はどうするだろうかとか、そういう加減がいまだに私にも難しく
  なかなかできないところであります。

  

[PR]
by monyo90 | 2017-08-14 10:05 | Comments(0)